シェアTwitterLINELINEで送るB!Hatenatumblrpocket
 マザーボードコスパ比較の見方 

マザーボードを選ぶために必要な情報を出来るだけシンプルに確認できるようにしました。

おすすめ コスパ検索 設定

アイコン解説: 並べ替えアイコン:並べ替え  :メモ、見積に  :最安値ショップ検索

 マザーボードの選び方 
  • まずは、CPU!
  • マザーボードの選択は、搭載可能CPUのソケットから選ぶのがお勧めです。
  • サイズから選ぶ
  • CPUから選ばず、ケースサイズから選ぶ方法もあります。
  • 特に、コンパクトなPCを作りたいとき、ケースのデザインから入りたいときにお勧めの選び方です
  • マザーボードのサイズは 規格があり、そのサイズでパソコン本体サイズが左右されます。
  • 基本的に、大きければ拡張性が高く、小さければ拡張性が乏しく熱の逃がし方を考える必要があります。
  • ATX
    305 × 244 mm
    拡張スロット数:最大7
    搭載可能メモリ:4~8
    MicroATX
    244 × 244 mm
    拡張スロット数:最大4
    搭載可能メモリ:2~4
    Mini ITX
    170 × 170 mm
    最大拡張スロット数:1
    搭載可能メモリ:2
    FlexATX
    228.6 × 190.5 mm
    拡張スロット数:最大3
    搭載可能メモリ:2~4
    CEB
    305 × 267 mm
    拡張スロット数:最大7
    搭載可能メモリ:4~12
    SSI EEB
    305 × 330 mm
    拡張スロット数:最大7
    搭載可能メモリ:4~24
    Extended
    305 × 277 mm
    拡張スロット数:最大7
    搭載可能メモリ:2~16
  • オーバークロック・マルチGPU目的で選ぶ
  • オーバークロックや、ビデオカードを複数搭載する等は、マザーボードに依存します
  • 目的にあったチップセットを選ぶことで、可能になるため、チップセットを見極めて選ぶとよいでしょう
 絞込検索  
 792件 HITしました( 値下りランキング 1 ページ目 )